用途別おすすめ浄水器

一口に浄水器といっても、実際にはさまざまなタイプのものがあります。


主なタイプが、それぞれどのような用途に向いているか紹介します。
一番簡便に使えるのは、ポット型です。



水道水をポットに入れると、カートリッジを通って濾過される仕組みになっています。

浄水能力はあまり高くはなく、水を濾過するのに時間がかかるのが欠点です。
これは、必要な量だけ手軽に浄水したい人や、浄水した水を冷蔵庫で冷やしたい人におすすめです。

蛇口直結型は、既存の水道の蛇口に取り付けることで浄水できます。

日本経済新聞情報を簡単に調べられます。

取り付けに工事が必要無い点で手軽ですが、蛇口に大きなカートリッジが付くことで取り回しがしにくくなります。
調理にもきれいな水を使いたいけれど、賃貸などで工事が難しい人におすすめです。



据え置き型は、キッチンのシンクの上に浄水器を置き、そこに水道をつなぐものです。浄水器自体がある程度大きいので、シンク周りが狭くなるという弱点がありますが、浄水能力が高く、維持費用も比較的安くすみます。
キッチンに十分なスペースが確保できる人におすすめです。アンダーシンク型は、キッチンのシンクの下に浄水器を設置するものです。設置の際の工事が大がかりになり、シンク下のスペースをとるという弱点がありますが、浄水能力は高く、またシンク周りに邪魔な物をおかなくてもよいので、すっきり利用したい人におすすめです。
シンク下に置くため、メンテナンスには若干の手間がかかります。
このように、浄水器には様々なタイプがあり、それぞれに一長一短があります。


家庭の状況や用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。

top